ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
糖尿病に感謝!
糖尿病に感謝!

「血糖値が高い」。晴天の霹靂ともいえるこの「宣告」を受けたのは2001年の秋でした。当時海外駐在だった私は、危険とストレスのダブルパンチ業務のために、激ヤセと血尿に見舞われ、駐在していた国と日本、双方の病院で精密検査を受けて、このように診断されたのでした。当時の私は38歳。まだまだ自分の体力を過信していた、というか限界を意識しないでもやっていけたのです。ましてや「病気」などというものは、頭では理解していても、自分のこととして実感を伴ってはいなかった。さらに糖尿病は痛みなどの具体的な症状があるわけではないのが、本当にコワい。私が実際に事態を正面から受け止めて、薬や食事に気を配るようになったのは日本人の医者に「脅されて」から。アジアの外人の医者にタドタドしい日本語と英語で言われても(日本の援助で日本に留学した方が多かったので日本語はうまい)、切実になれなかった。

そこで節制生活です。

運動を意識的に心がけるようになりました。タニタの「カロリズム」という器具を常に装着、これは簡単にいえば歩数計ですが、それだけではなく、歩いていない時間帯でも上半身の動きも計測するとの触れ込み。年齢、体重、体脂肪率を入力することで「基礎代謝量」を計算、これに運動で消費したカロリーを計上して毎日の消費カロリーがわかります。これを手帳に記録します。また通勤では時間と天気と体力が許す限り、3駅分を歩くようにしています。距離2.8キロ、時間にして30分、歩数は3700歩。途中には都内で唯一という虚空蔵尊があるほか、ご鎮座1000年以上という神社もあるので、参拝も兼ねられてゴキゲン。ただし夏の遅番シフト出社では1400という炎天下に歩くことになるので、シャツは汗みどろ、会社では着替えとデオドラントが欠かせません。さらに。遅番の日の朝にはスポーツクラブのプールで、休み休みながら平泳ぎとクロールあわせて1200Mをスイム、最後はサウナと水風呂ですっきりして、自宅で二度寝の「時差調節」。クラブの体重計での数値も手帳に記録です。毎朝の腹筋を中心とした筋トレも続いています。そしてロードバイク。風を切って走る爽快感や自分の体力で驚くほど遠くへ行ける快感。これについては稿を改めてまた書くことになると思います。

食事にも気を配るようになりました。基本的に揚げ物は一切食べませんし、身体が欲しなくなった。家族も「揚げ物はパパが不在の日のお楽しみ」というリズムになっている。また家のご飯は十穀米か麦が混入。慣れると別に気になりませんが、ある温泉宿では息子が白米に感激、「銀シャリだあ!」と騒いで仲居さんに大ウケでした。タバコをやめたモチベーションのひとつも血糖値問題でした。

おかげさまで人間ドックでは治療中の血糖値だけがE判定ですが、コレステロールや中性脂肪などはなんの問題もありませんし、体重は高校時代と同じ。最盛期よりも8キロ軽い状態を8年以上もキープしています。あ、最近血圧(特に下)がちょっと高いのが心配かな。

長くなりました。こうした日々の生活のありようは、基本的に「節制」というキーワードに集約される気がしています。そしてこうした態度は佛道精進の精神にも通じて、なかなか楽しいではないか、と思うのです。もし血糖値が上がらないままだったら、あのまま身体に気を配ることなく、体重も生活態度も、そして精神面も、すべてが放恣に走る中年ライフになっていたのではないかな、と。「血糖値さん、上昇ありがとう」ってトコロなのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。