ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2010年、精進は進んだのか?
2010年、精進は進んだのか?

今年を振り返ります。

高野山には3回お参りに行くことができました。特に11月の参拝では、業務や人間関係で窒息しそうになっていた状況を変化させる気づきをいただき、大きな救いになりました。

従来からの勤行に加えて朝の瞑想も始めることができました。多分に我流であることから師匠には賛同を得ていませんが、自分なりに生活の句読点になっています。

毎月とはいきませんが高野山東京別院の写経会には参加しています。残念ながら阿字観瞑想指導にはほとんど行けませんでした。

講で続けていた坂東観音巡礼は、多くの仲間が今年で結願となりました。仕事などで閑却することが多かった私の参拝はここまで16ヶ寺。大きな宿題が残っています。四国には一回も足を運ぶ機会がありませんでした。

トシのせいか1年は本当に飛ぶように過ぎて行きますが、前半の出来事はさっぱり覚えていません。仕事でちょっとだけ関わったバンクーバー五輪、あれも今年のことだったのかあ。それだけボーッと過ごしてしまったということです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。