ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
幸せのモデル
幸せのモデル

NHK「ニュースウォッチ9」。先代のなんとかいうキャスターはありきたりで空虚なことをNHK的尊大さ丸出しで吐きやがるので(汚い日本語になってスミマセン)、利害関係がないこちらまで腹が立つやら悲しくなるやら、はっきり言ってたいへん不愉快だったのです。それに比べて現在の大越健介キャスターはなかなか鋭いことも言ってくれますし、そのソフトな語り口も好きなのですが、大学時代からの友人は「ピッチャーだったあの大越だよ」という。調べてみると東大のエースでほぼ同年代、ということは母校の応援に通った神宮の対戦校のマウンドで何回か見ていたわけです。さっぱり覚えていなかったけど(私は東大卒ではありません)。その大越キャスターが石垣島で俵万智さんと対談した日のNHKをたまたま自宅で見て、俵さんが早大アナウンス研究会のアルバイトとして六大学野球のウグイス嬢をしていたことを初めて知りました。こちらも声を聴いていたことになるなー。

先日、俵さんが日経のコラムでその対談のことを取り上げていました。そこで印象に残ったのが以下のくだり。長くなりますが引用します。「子どもに関して言うと、かつては『人に迷惑をかけない、自立した人間』になってほしいと願っていた。が、震災後は『迷惑はかけないほうがいいけれど、かけてしまうときには、周りからそれを許される人。自立も大事だけれど、人は結局一人では生きていけない。ならば、困ったときに助けてもらえるような、人とのつながりを、うまく築ける人』になってほしいと思うようになった。」うーん、考えの浅い私は、「子どもにはまず自立した人間になってほしい」と願っているだけでしたが、さすがは歌人・俵万智、いいことを言うものです。

同じコラムのおしまい部分で俵さんはこう書いていました。「大越さんや私は、子どもの頃は高度成長期、その後のバブルも経験した。幸せのモデルが、わかりやすい時代だった。今は、そういうモデルはない。だからこそ、人から見てではなく、自分が何を幸せと感じるかが問われているのではないかと思う」。私もその世代です。そして、無意識のうちにその「モデル」を我が子に押し付けているかもしれない、と思いながら、規範とすべきモデルをほかには知らないのです。「たとえどんな逆境にあっても、『自分の幸せ』を見つけることが大切」ということは知らせたいのですが、「幸せはカネでは買えないが、カネは不幸を遠ざけてくれる」のもまた真理だと思っています。佛道で「布施」のひとつとして財産を施すこと(財施)を奨励しているのもこのためです。「カネなんて幸せにはまったく関係ない」という態度があるとすれば、それは偽善でしかありません。

学生時代の友人から「金沢へ転勤する」という連絡をもらい、急きょ送別会的飲み会の音頭をとることになりました。思えば私の人生、小学校も中・高も大学も、ほとんど同窓会というものが行われない。なんとも薄情なものですが、自分で率先して仕切ることもしないままアラフィフになりつつある。上記の友人は業界就職のための大学横断的勉強会つながりなので、せめてこういう機会に同期会くらいはやろう、ということです。決してこれは俵さんがいうところの「困ったときに助けてもらえるようなつながり」という実利的な目論見からではありません。我々も社会に出て20年以上、「元気に懐かしく顔を合わせられることのありがたさ」をしみじみ感じられるような会にしたいものです。

今週末の神宮は恒例「春の早慶戦」です。大越投手や俵さん、そして私が青春を過ごした現場のワクワクした熱気を実感させたくて高校生の長男を誘っていますが、単純に迷惑顔をされています。ひとりで行こうかなー。

<追伸>
本稿は俵さんの名言をきっかけにマインドマップを駆使して書きましたが、論旨が全然まとまりませんでした。マインドマップも使いよう、だな。
スポンサーサイト
佐々木閑先生、ありがとうございました!
佐々木閑先生、ありがとうございました!

以前の記事で予告しましたが、東京禅センター主催の「科学と仏教の接点」を聴きに行きました。そこで「日々是修行」の佐々木閑先生に初めてお会いできましたので、その「感激報告」です。

迂闊にも知らなかったのですが、「科学と仏教の接点」は年に2回ずつ開催してきて、これが8回目。世田谷にある龍雲寺本堂には50人以上の方が集って、かなりの盛況です。今回の"科学側"ゲスト講師は東工大理学部の細谷暁夫教授で、テーマは「この世の真実とは何かー量子論から見た世界の実像ー」。この細谷先生パート、冒頭はなんとか喰らいついていたのですが、やはり門外漢には辛い部分もあり、途中からはウツラウツラしてしまいました。おそらく寺の本堂に集った方々も同じだったのではないでしょうか(佐々木先生のパートでは会場の熱気がグッと高まるのを感る)。これは佐々木先生も懸念されていたのでしょう、細谷先生の話のポイントごとに絶妙のタイミングでフォローをされていました。流石は京都大学工学部ご出身、並の仏教学者サンではあり得ないだろう巧みなまとめでありましたが、それでもワカランものはワカラン。もう完全にこちらがバカですね。細谷先生、スミマセン。

さて、佐々木先生です。NHKのダンマパダ解説でお声は存じあげていたのですが、「講議」の上手さはまた格別。話の緩急、ジョークの巧みさ、表情豊かな語り口にすっかり惹き込まれました。大学の教壇に立たれている方は違うなぁ、というところです。内容も、仏教教理のかなり難解な部分を説得力をもって説かれていらっしゃっていて、「ああ、確かに『日々是修行』の佐々木先生がここにいる」と感激もひとしお、です。

講座終了後には佐々木先生をキャッチして、「日々是修行」と「犀の角たち」にサインをいただきました。もちろんこの2冊はわざわざそのために書棚から取り出して持参していった訳です。「中年オヂがあまりにミーハー的では」という怖気もありましたが、幸いなことに同じことをやっている参加者サンが数人いたので、それに便乗した形。それにしても、iPhoneで2ショット写真まで撮らせていただいて、さらにそれをFacebookにUPしたのはやはり浮かれ過ぎでしょうか?「もう先生の大ファンで、NHKも大変楽しみに見ていました。『日々是修行』も朝日を毎週楽しみにしていました!」と申し上げたところ、先生は「これ(『犀の角たち』)は本当に書きたかった本で、装丁や紙の指定まで全部やったんですよ」「朝日の連載は大変だったんですよー」などと気さくに話して下さって、また感激でした。

チャンスがあれば個人的に伺ってみたいこと。佐々木先生の魅力は「もう釈尊が好きで好きでタマラナイ」っていうのが滲み出ちゃっているところで(専門は原始仏教)、ご自身も「自分は『仏教原理主義者』」と仰っています。その佐々木先生は現代の日本の既成仏教教団とその存在意義、さらには未来の在り方をどう見ているのでしょうか?教団系の大学に奉職されているだけに大きな声では言えないことも多いだろうな、と察します。

それにしても「科学と仏教の接点」というこの一連の講座も、名著「犀の角たち」にしても、理系出身の佐々木先生だけが成し得た貴重な財産、もはや佐々木先生のライフワークなのかもしれません。次回は10月、心臓外科の権威から"看取り"について伺えるということです。会場の龍雲寺も禅寺ならではのキリリとした空気を感じる立派なお寺でした。まさに「犬も歩けば棒に当たる」、これからもこうした「仏縁」を積極的につかんでいきたい、そのように決意した日になりました。

<近況報告>
我流ながらマインドマップをいよいよ始め、本項の下書きにも使用してみました。「思考・アイデア」がいい具合に拡大しながら、なおかつ俯瞰できる感覚が素晴らしく、「これはしばらくじっくり取り組んでみよう」と決意した次第です。きょうは決意だらけ、ですな。

「ワクワクすること」にワクワク!
「ワクワクすること」にワクワク!

このたび遅ればせながらRSSを導入、主にライフハック系・アプリ系・ガジェット系の記事を雑誌感覚で楽しみながら、興味と知識の範囲がー気に拡大しています。それに伴って世の中の面白いモノに出くわす確率も増える好循環に入っていますので、お知らせデス。

「幼年期の終わり」
言わずと知れたアーサー・C・クラークの代表作にして「SFの金字塔」ですが、そもそもSF小説のいい読者ではまったくないことを痛感しているだけに、この名作もタイトルを知っているだけの「喰わず嫌い状態」でした(小説はダメでも映像作品の「スターウォーズ」「サンダーバード」「スタートレック」は偏愛しております)。今回「幼年期の終わり」を手にしたきっかけは上記RSSで見かけたSF「ブラッドミュージック」の書評からで、そこで絶賛されていた当該作には手が伸びないままなのですから、まこと「縁」とは不思議なものです。

絶対的な「善」で地球上の人類にユートピアを具現させるオーヴァーロード(上主)たる宇宙人、それに抵抗しようとする天文学者。「宇宙人による人類の飼育」というSF的には(多分)お馴染みの設定ですが、哲学的命題をはらみながらグイグイ読ませる一級のエンターテイメントです。現在第2部を進行中です。

「ONE PIECE」
友人の同僚が「悪そうな釣りキチ三平が出ているヤツ」と認識している国民的コミック。最近のあまりの盛り上がりぶりが気になっていたところ同年代の男に「今や財界人も『ONE PIECE』について発言する時代です。常識として読んでおいた方がいい」と諭され、そこに居合わせた新入社員がこのたび冒頭の3巻を貸してくれたもの。コミックを読むのが久しぶりだったのでまずは「流れ」を追うコミック勘を取り戻すのに時間がかかりました。ひと言で言えば「予想通りに面白い」「『友情・努力・勝利』をキーワードに掲げる少年ジャンプのまさに王道」「随所に出てくるキメ台詞が人気のモトなんだろうナ」というところです。66巻までこの調子なのかな?いやいや、それだけならここまでの社会現象にはなるまい、きっと大きな質的変化が起きているのだろう。しかし、1巻に90分かかるとして、66巻で99時間。土日はともかく、平日の自由時間が週に10時間として、2カ月半はひたすらこいつだけとお付き合いするのか!?10代20代ならまだしも、アラフィフの人生にそんな余裕はないと判断いたしました。新人のIくん、貸してくれてありがとう。

マインドマップ
「英国の教育者トニー・ブザンが開発した自然な形で脳の力を引き出す思考技術。記憶力・理解力・集中力・創造的思考力・問題解決力などの、さまざまな能力を高めることができます」(「マインドマップ超入門」のカバーより)って、オイオイ、そんなガマの油みたいな万能薬があるわけないゾ、と思いつつも気になるところ。騙されたと思ってじっくり取り組んでみようかな、と思っています。ま、「ONE PIECE読み耽り」よりは効率的・建設的な過し方ではないかな。「どなたか情報くださーい」とFacebookで呼びかけるも、いまのところ友人からは返答ナシ。

<追伸>
こんな日々なので佛道教理の学習は進展しておりません。正直に告白するなら、難所「アビダルマ」ですっかり停滞してしまいました。恐るべし、アビダルマ。
テレビってえ奴は・・・
テレビってえ奴は・・・

5月17日号の週刊文春に各局のTVドラマをバカにする恒例の(?)記事が載っていました。テレビや芸能人をクサさせればその切れ味は文春が天下一品です。もちろん記事は週刊誌ならではの他愛もない「悪口芸」で(ホメ言葉デス)相変らず楽しく読んだのですが、気になったのがラスト近くのこの文章。「『こんなモン見る奴しかテレビを見てない』という状況に、さらに拍車がかかった気がする。」うーん、テレビって今やそういう風に思われているのかな。

視聴率というものをある程度継続的にウォッチしてみると、やはりいわゆる「テレビ離れ」という現象は実感として否定できない。以前にはポロポロ見かけた20%という数字には滅多にお目にかからず、いまや15%は「ヒット」となっているではありませんか。特に若い世代のテレビ離れはデータにも現われていて、2011年(平成23年)のアスキー総合研究所の調査ではすでに20代では7人に1人程度(13.5%)がまったくテレビを視聴していない、ということです。実際、ウチの高校生の長男はダラダラと録画行為はしているようですが、熱心に視聴しているようすは、ない。

佛道ブログですので「テレビ離れ」を詳しく論じるつもりはないのですが、空前の低視聴率でついに打ち切りが決定したフジテレビ日曜9時の「家族のうた」は、やはり安直さが際立っていた気がしてなりません。少し前にやって評判になった「マルモのおきて」にも似た「どこかで見たようなお話」に付き合ってくれるお客さんがまったくいなかった、ということをどこまでわかっているのか。フジテレビは「脚本類似問題がネットで叩かれたのが痛い」的なことを言っていますが、この記録的惨敗をそんな些細な要件にだけ「おっ被せる」なら、本当にテレビってえヤツの未来は暗いでしょうね。

もっとワクワクさせてくれよ、テレビなんだから!

あ、佛道と全く無関係のまま終わります。スミマセン。(このブログでは名前も職業も明らかにしておりません)

手を繋いでこころを繋ぐ
手を繋いでこころを繋ぐ

私の会社のロケーションは観光地という一面も持ち合わせているので(すみません、ブログでは場所は公開しておりません)、夜には手を繋いでそぞろ歩くカップルの姿も見かけます。「そういえば手を繋いで歩くなんて、カミさんはおろか次男ともいつの間にかやらなくなってしまったな~」と、仲良く歩くカップルを見ながら寂しくなりました。

「手」というものはなんとも便利で不思議なデバイスです。キーボードやペンを動かすことで思考に影響も与えるし、手を繋げば温もりを介してこころを通わせることだってできる。もっと握手をする習慣があったら、日本人のメンタリティはちょっと違ったものになっていたかもしれません。握手の代わりにお互いに丁寧にお辞儀をする姿も悪くないのですが。あ、密教では印を結ぶことで仏さまと一体になることを目指すのだった!

もうしばらくしたら、カミさんと手を繋ぎながら散歩して、時には孫の手を引いて動物園などに行く、そんな生活を送ることにになれば、それはなかなか幸せな老後かもしれない、と思います。あ、老後のことを思い描くのは流石にちょっと早いっすかね?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。