ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
汗臭いかナ?~肥満の初夏に思うこと
汗臭いかナ?~肥満の初夏に思うこと

太りました。

去年夏の異動のあとから週に1回のペースで泊りシフトをこなしています。こいつは午後3時に出社、そのまま翌日正午まで仮眠も(ほとんど)取れずに緊張している、というなかなか過酷なシフトで、アラフィフの身にはとても辛い。「明け」では本当にフラフラ、「イノチを削ってるなー」と痛感します。そういえば退職後の警察官が長生きしないのは宿直勤務が原因、という説もあったナ。私のサラリーマンキャリアではこうした泊まり勤務以外にも、「早番&遅番」という時代も長かったのです。ある部署は出社が朝4時半という「豆腐屋さんシフト」、ウラ返しの遅番は午後2時半から翌未明まで。これが周期的に週2回程度回ってくるわけで、これまた「東京ひとり時差ボケ」状態、これも身体にはよくないよなー。

こうしたシフトは私の職業がいささか特殊なものであるためで(スミマセン、このブログでは職種は明らかにしておりません)、望んで就いたこの商売のありように文句を言っても始まらない。いやいやそれどころか、こうして今も第一線で働けていることのありがたさを忘れていることは「ナサケナイ」というべきでしょう。

こうした「時差ボケ」対策として10年前から励行していたのがスポーツクラブでのスイムです。徹夜や遅番の前にはあえて早起きしてスポーツクラブで1200メートルほどのスイム、その後はひと眠りしてから出社、という「寝だめ効果」を狙っていました。しかし先日、風邪をひいたことをきっかけにこのパターンをしないまま泊まりをやったところ、明けでのダメージがグッと軽かったのです。「策士、策に溺れる」、それほど大袈裟なものでもありませんが、「なーんだ、かえって身体に負担をかけていたのか」ってところで、それ以降は泊まり前はゴロゴロするパターンにしたところ、やはり「デブ」というしっぺ返しを喰らってしまいました。体重にして1kg程度の増加ですが体脂肪率は3ポイントほど上がっているので(平均すると18%から21%になった)、自覚的にはかなりの危機感があります。先日受信した健康診断で血糖値の目安となるHbA1c(JDS基準)は6.4%でした。優・良・可・不可で分けるとギリギリ「良」に分類されますが、これは服用している薬のおかげでもあり、「これ以上太っている場合ではない」というところです。

さて、どうするか。泊まり以外の勤務では会社に12時間は拘束されるため、出社前や夜に泳ぐような気力・体力は残っていない。「せめても」と励行しているのが通勤ウォークです。3駅分、2900メートル、3400歩、29分間の道のりですが、こちらでの悩みは夏場の汗。6月でも背中はかなりグッショリとした状態に。幸いスーツ&ネクタイの職場ではないので、着替えの下着シャツを持参、会社に着くなり身障者トイレに飛び込んで、「ギャツビー デオドラントボディペーパー」で汗を拭き、「ギャツビー デオドラントスプレー」で身体を冷やし、「ギャツビー ウエアデオドラントスプレー」をシャツに吹き付け、下着シャツを着替えます。みんなギャツビーだなあ。濡れた下着をしまうポリ袋は100均で買ってデスクの引き出しに常備。これでなかなか手間がかかっているのです。

来週、弊社のことしの人事異動が内示されます。サラリーマン渡世に特段の希望・野望はありません。それでもひとつだけ。「毎週の泊まりだけは外してください」、今週末の福聚講仲間の関東36不動尊の巡拝でお不動さまにこういうお願いをするのはアリですかね?
スポンサーサイト
菊地直子のウェディングドレス
菊地直子のウェディングドレス

逃亡を続けていたオウム真理教の菊地直子と高橋克也が逮捕されました。「最近、やけに駅に警察官が多いな~」と感じていましたが、高橋を探すとともに、オウム側による奪還などの集団行動を警戒する、という面もあったそうです。地下鉄サリン事件から17年も経つと記憶はなんとなく風化してしまっているものですが、逃亡する者、社会を守る者、当事者たちにはまだまだ継続中の案件なのだと思い知らされました。

オウム真理教が犯した事件の数々は本当に許せないし、個人的な思いもあります。当時のカミさんの勤務地は霞が関でした。地下鉄サリン事件の当日はたまたま自宅の引越しで、カミさんは有給休暇を取って私と準備をしていたところ。テレビのラインも抜いていたので、引越し業者さんに「大変な事件が起きましたね」と言われるまで発生を知らなかった。そしてカミさんの通勤はまさに当該時刻ころの日比谷線だった、という。もし有給休暇でなかったら巻き込まれていたかもしれなかったのです。だから村上春樹「アンダーグラウンド」などで知るサリン後遺症に苦しむ方々のことはとても他人ごとではないという感覚があります。

そして菊地直子。歳月による容貌の変貌ぶりにまず驚いたものですが、その後は「ホームヘルパー2級を取得してしっかり介護をしていた」「割引券持参で美容室に来た」など潜伏生活のディテールが報道されました。オウムに入信していなければ、そして一連の事件さえなければ菊地が送ることになっていた普通の人生がそこにあるように思えたのです。さらに潜伏していたあのボロ家からは同居していた男と撮ったウェディングドレス姿の写真も押収、「結婚式ができなかったから撮った」と供述してるといいます。サリン被害者はもちろん、菊地直子もまたオウム真理教の被害者のように感じてしまいました。当然ながら、だからといって一連の事件で他人のささやかな幸せを奪ったことは忘れてはいけない。菊地の場合は殺人などの重大犯罪に問われないという見通しです。罪を償って、今度はビクビクしなくてもいい普通の幸せな人生をやり直して欲しいと思うのです。

一方の高橋克也。菊地とは違ってこの男は殺人や死体遺棄など教団の犯罪の中枢部分に深く関わっていましたし、報道によると逮捕されれば重い罪に問われることを自覚していたフシがある。このために強い意思で逃亡を続けたのだろうが、結局わずか10日あまり川崎周辺をウロウロしただけで捕まった最後の姿には哀れさも漂います。英国人女性殺害の市橋にしても、近影が大々的に報道されて人口に膾炙してしまうと、もう逃げ場がなくなることがわかります。それにしてもあれだけの犯罪を犯して、さらに強い意思で逃亡しながら、逃亡前に「職場の人間に迷惑がかかる」と電話しているとはどういう感覚だろう。人間とは結局半径5メートルの生活範囲における肌感覚を最優先にモノを考えてしまうのですね。だから毎日の心がまえや習慣が大切なんだ。四国遍路や高野山参拝といった大イベントもいいが、読経や筋トレといった日課を疎かにしないようにしよう、と再認識です。

佛道ブログらしい結論になりましたね。かなり強引ですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。