ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
遅まきながらの「断捨離」
遅まきながらの「断捨離」

かつてのベストセラー「断捨離」を読みました。カミさんが「今さら?」と眉を顰めたように、ブームになったのは2010年、当時は「引っかかってこなかった」のですが、いやいや、すっかり魅せられてしまって、本はあっという間に赤ペンだらけになりました。

これは著者も書いているし、私がすっかり誤解していたトコロでもあるのですが、ここで提唱されているのは単なる「節約のススメ」「清貧のススメ」ではない。モノを捨て(捨)、新たな購買もやめる(断)ことによって得られる境地(離)は気持ちイイですよ、というメッセージ。「自分が目指す生活はこれに近いものだったのだナ」と教えてもらったような気がするほどです。

著者はヨガの「断行」「捨行」「離行」から発想した、ということですが、ヨガの本ではないのでそれぞれの「行」の説明はない。それでも「気」という単語がやたらと登場するほか、「断捨離は暮らしのメンテナンス作業でありながら自己探求ツール」「モノに自分を高めてもらう」「部屋の中に滞っているものを物理的に取り除いていくことによって潜在意識に大きく作用していく」「すべてのモノは神様と地球からの借り物」などの記述は「ほとんど宗教」のレベルともなっていて、ダメな人には徹底的にダメでしょう。しかし私にはどれも納得できるもの。例えば「家運を上げるるならまず玄関をクリアに」というメッセージはかつて私がこのブログで書いた「脚下照顧」のことです。

しばらくこの断捨離の実践に努めてみようと思っています。心境の変化などはここでご報告していきます。

追記1
公式ビジュアルムック「見てわかる断捨離」も買いました。断捨離の仕組みがすっきりとまとまっているほか、実践例が写真付で載っている、しかも680円という信じられないような価格です。まず前掲の基本書を読むことをオススメしますが、もし断捨離に興味を持ったらこの本も外せないでしょう。

追記2
前回記事にも書いたように人事異動がありました。私は微動だにせず、それどころかますますハシゴを外されるサラリーマン人生が明確になってしまったようです。泊まりシフトも継続するほか、今度は土曜の担当になるので福聚講の行事にも参加できないという「佛縁遠心力人事」でした。これまでいただいた佛縁は永劫、生かすのは自分の心持ち次第ですから、これにメゲることなく自分の信じる道を進んでいく覚悟です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。