ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お寺の境内に桜がないわけ
お寺の境内に桜がないわけ

都会においても樹木や池などの舞台装置が現代人に癒しをもたらすお寺の境内ですが、桜が植わっていることは殆どないことに気がついていましたか?

「儚く散ってしまう桜は修行僧の精神集中の妨げになるから」という説明を聞いたことがあります。これが歴史的に正しいのかどうかは知りません。世の無常を悟るにはいい材料という気もしますが。しかし禅寺などでは紅葉は盛大に植えられています。あ、先日の高野山でも紅葉はとてもキレイだった。桜との違いがわからないなあ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。