ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
血糖値サマ、どうかお手柔らかに
血糖値サマ、どうかお手柔らかに

今年の人間ドックの結果が来ました。調子に乗って「上昇ありがとう」なんてブログに書いたせいでしょうか、数年来安定していたヘモグロビンa1cの値がガツンと上昇していて、かなりショックを受けました。ちょうどストレスが頂点に達した直後の検査だったこと、今年からすっかり酒に強くなってしまったこと、7月から薬を替えたこと、この3点が思い当たるところです。逆から見ると、最近の水泳では持久力がついていた、腹筋運動も継続していて身体全体の筋肉量が増えた感覚があった、それなのに・・・という気分でもあります。とにかく今は弱気の虫。「長生きできないかもね」とカミさんにコボすなどしています。しかしながら会社で診てもらっている医者センセイは「薬の戦略が違っていました、スミマセン」としながらも、本人ほどは深刻に受け止めていないようです。

仕方ない、ついに断酒か。元々酒は強くもないし、好きでもなかった。しかし日本のサラリーマン文化では必需品であることも事実です。「病気」と「佛道戒律」、宴席のみなさまにはこの2点を「酒の肴」にしてもらうしかなさそうです。酒を抜くことで精神とサラリーマン生活にどんな変化が訪れるのか、ブログでも報告して行くつもりです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。