ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お遍路体験記の傑作です
お遍路体験記の傑作です

宮田珠己の「だいたい四国八十八ケ所」をあっという間に読み終えました。この人は東海林さだおや椎名誠風ライトエッセイの名手です。ちなみに男性。

例えばこんな調子。著者はお遍路で宿坊に泊まる魅力のひとつに朝の勤行があるとして、読経とキリスト教の賛美歌を比べたりします。「(前略)お経のほうは神秘的という点では同じにしても、それ以外はまったく逆に、没入すればするほど、意識は研ぎ澄まされるどころかみるみるどうでもよくなって、自我、自意識を持っていることすら面倒くさくなっていくというか、簡単に言えば眠くなってくるのであって、実に無責任に心地いいのだった。たまに朝の勤行に出るのが面倒だから宿坊に泊まらないという人があるが、実にもったいない話である」

このように著者は意識してお気軽なお遍路を続けるのですが、地形や風景の観察眼には鋭いものがあり、翻って私はずいぶんボーッと四国を歩いていたんだなあ、と反省させられました。宮田氏はかなり歩くことが好きな方だとお見受けします。

これだけならライトエッセイ風お遍路体験記に過ぎないのですが、それを超えて随所でハッとさせられる部分もありました。例えば高知の東洋町の陽射しにチベットを感じてしまうトコロなどはなかなか痛快です。また、若い野宿遍路さんの体験談を聞いて、日程の関係から自分が道中で飛ばしてしまった部分について思うくだり。「野宿で回るのと、私のように民宿を繋いで歩くのとでは、見える景色はまるで違うのだった。(中略)私は、未踏破問題に頭を使うのが、バカらしくなった」

装備品やマメ対策、道に迷いそうになった体験談、さらに帯には全ルートの高低図まであって、歩き遍路をやった人ならではの実用的なアドバイスも満載。数えてみると「お遍路記録」を10冊近く読み散らかしてきた私ですが、この本と「四国巡礼葛藤記」の2冊がベスト争いです。

ああ、中断したままの四国遍路、無性に行きたくなってきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。