ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
筋トレで腰痛が解消したこと
筋トレで腰痛が解消したこと

ブログをサボっていたこの1年間は、腰痛に悩んだ1年でもありました。思えば、震災前の宮崎出張で筋トレが途絶えてしまったのがきっかけ。ホテルのベッド上では力が抜けてしまうし、土足で歩いているホテルの床に腕や背中をつける姿勢にはどうしても抵抗感がある。そして震災後は、生活のあらゆる局面で「丁寧に生活する」という余裕がなくなっていました。
こうなると頼りにするのはマッサージ。2週間も行かない日が続くと腰がパンパンになっているのを実感、プロのマッサージ師に「今回も張ってますねー」と感心されるとなんだか誇らしい気分になったりしたものです。しかしマッサージというもの、腰は気持ちいいのですが、お財布にはかなり「痛い」。30分では物足りないし、60分となると最低5000円からかかる。記録を見ると3回も通った月もあるのですから、安い小遣いのサラリーマンには大きい出費です。
途絶えていた筋トレを再開したのは今年の1月でした。今となってはどういうきっかけで再開したのかも覚えていないのですが、なんと再開のわずか3日後には腰の痛みがすっかり軽くなり、その後もマッサージと縁が切れたままなのです。肩こりもほぼなくなっている。しかもウエストが明らかに締まったのでベルトの穴はひとつ分改善、脇腹を触ると以前よりカチカチの筋肉に遭遇するのも嬉しい。つまり「達成感」がモチベーションとなっている好循環で、毎朝「よし、筋トレだあ」と起き上がる気分はなかなかいいものです。そして身体の好調さは精神の積極性も生み出すのでしょう、業務での気力と集中力も伴ってきたように思うのです。あまり佛道とは関係ない話でスミマセン。
<追記>参考図書のご案内

読む筋トレ」という本は、筋トレの指南だけでなくモチベーションのアップと維持に力点を置いている良書でした。私もこの本のメニューを実践しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。