ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
聖地巡礼
聖地巡礼

つけ麺にハマって約3年になります。そして昨今のつけ麺のひとつのトレンドを作ったのが、私の地元である大崎にあった「六厘舎」。しかしご近所にあればあるほど「ま、いつか行けるサ」と足が向かないのはよくあること。あの大行列に臆して1回経験しただけでいるうちに、おととし閉店してしまったのでした(あまりの行列にご近所からクレームが殺到したため)。東京の人が東京タワーにあまり行かない、というのに似ていますね。タワーは当面立っているようですが。

その六厘舎が密かに(?)復活していました。しかも同じ場所で。ホームページには一言も載っていませんが、ツイッターで告知していたのです。しかし話し合いの結果、「週に一回」「行列ができないように整理券を配布」「建物内で待機」という。どれだけ近隣とモメたんだ、六厘舎よ。

開店は土曜日だけ、というわけで、きょう行ってきました。まず朝イチで整理券をゲット、改めて長男と指定の12時に店に到着です。店のとなりの空き店舗(かつては六厘舎系別店舗だった?)で待機、いよいよご対面は12時40分ころでした。カウンターにいたのは有名店長の三田さん。長男が「スーパーで売っている六厘舎生麺の写真の人ダネ」と感心しています。御本尊にご対面できるのも聖地ならでは、です。で、肝心のつけ麺のほうは?うーん、まあ美味しいことは確かですが、「ま、これね」っていうところ。各地に同じ魚介系つけ麺が増えただけに期待のハードルが高まってしまうのは、元祖の宿命です。長男と意見が一致したのは「五反田の浜屋の実力を見直したね」ということ。週に一回、整理券まで取るくらいなら浜屋でいいや、ってところでした。今の私のつけ麺リストは以下の通りになります。御三家が「六厘舎」「浜屋」「TETSU」、対抗で「麺彩房」。この4軒であればどこへ行ってもご満足は保証いたします。

今回はタイトルだけが佛道でした、スミマセン。南無大師遍照金剛。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。