ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
佛道学習宣言!
佛道学習宣言! 
 
先日のブログ記事をキッカケに自らの不勉強ぶりを反省、買い込んでいた佛道関連本をひっぱり出したり、新たに購入して教理の独学を始めました。ところがこれが予想していた以上に面白くてワクワクドキドキ、すっかりハマっています。かつて挫折した「入門 哲学としての仏教」も無事に読了、その後は勢いのままに「知恵と慈悲 ブッダ」「瞑想の心理学 大乗起信論の理論と実践」「思想としての仏教入門」をガンガン読み進めているのですが、似たような違うような内容なので(当たり前です)、いささかアタマがこんがらがってきました。 
 
一口に「仏教」と言っても、原始仏教、部派仏教、上座部仏教、大乗仏教、そして"最終ランナー"の密教と、その歴史・地域・思想の幅は実に広いもの。例えば、大正大学が出版している「仏教とはなにか」は「思想編」と「歴史編」の2分冊なのですが、実際に手に取って見てみると、どうも似かよった内容にも見える。つまり仏教においては「思想だけ」「歴史だけ」を切り取ることは不可能、思想の幅は歴史そのもの、歴史はイコール思想の変遷、なのです。まあこれは仏教に限らないのでしょうが、そこがまた自分には面白いところです。これをすべて1冊の本で概観しようとすればどうしても「広く、薄く」になるし、 専門でまとめたものは難解極まりないか、あるいは「信仰」の書になる。「信仰」のスタンスで書かれた本を読みたくない訳ではないのですが、 今の私はとにかく教理を勉強したいのでこちらはちょっと敬遠、幅広いものを渉猟しています。 
 
前掲「思想としての仏教入門」で著者の末木文美士氏はこのように書いています。「『仏教概論』の宇井伯寿は近代の文献実証的な仏教学を大成するとともに、深い信仰を有していた学者で、同書は近代の仏教学の成果を集大成しつつ、それがそのまま信仰されるべき仏教の姿を示すという構造になっている。(中略)同書はある意味で近代の仏教学のもっとも幸福な時代の遺産であり、そこでは研究と信仰・実践が調和し、また、地域による仏教の相違も全体として統一されるものと解釈されている。今日このような幸福な研究状況はなくなり、『仏教概論』の終わったところから現代の研究が始まっている。」おお、仏教学者さんが信仰と思想研究のスタンスのとりかたに悩む時代を迎えていることが伺えます。 
 
私の場合、学問の追求をしようという訳ではない。では、なんのための教理の勉強なのか?もちろん トリビア的に知識欲を満たす悦びもありますが、やはり原点は「こころの拠り所とする佛道に真摯に向き合うために 理解を深めたい」ということになります。「難しい教理の理解は不要。とにかく信じる心を強く持ちたい」という気持ちもありますが、そこにはどうしても知的な怠慢が見え隠れする。なにより、教理の学習には寺の境内で感じる心のやすらぎと同じものがあるのです。これだけでも十分でしょう。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。