ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
汗臭いかナ?~肥満の初夏に思うこと
汗臭いかナ?~肥満の初夏に思うこと

太りました。

去年夏の異動のあとから週に1回のペースで泊りシフトをこなしています。こいつは午後3時に出社、そのまま翌日正午まで仮眠も(ほとんど)取れずに緊張している、というなかなか過酷なシフトで、アラフィフの身にはとても辛い。「明け」では本当にフラフラ、「イノチを削ってるなー」と痛感します。そういえば退職後の警察官が長生きしないのは宿直勤務が原因、という説もあったナ。私のサラリーマンキャリアではこうした泊まり勤務以外にも、「早番&遅番」という時代も長かったのです。ある部署は出社が朝4時半という「豆腐屋さんシフト」、ウラ返しの遅番は午後2時半から翌未明まで。これが周期的に週2回程度回ってくるわけで、これまた「東京ひとり時差ボケ」状態、これも身体にはよくないよなー。

こうしたシフトは私の職業がいささか特殊なものであるためで(スミマセン、このブログでは職種は明らかにしておりません)、望んで就いたこの商売のありように文句を言っても始まらない。いやいやそれどころか、こうして今も第一線で働けていることのありがたさを忘れていることは「ナサケナイ」というべきでしょう。

こうした「時差ボケ」対策として10年前から励行していたのがスポーツクラブでのスイムです。徹夜や遅番の前にはあえて早起きしてスポーツクラブで1200メートルほどのスイム、その後はひと眠りしてから出社、という「寝だめ効果」を狙っていました。しかし先日、風邪をひいたことをきっかけにこのパターンをしないまま泊まりをやったところ、明けでのダメージがグッと軽かったのです。「策士、策に溺れる」、それほど大袈裟なものでもありませんが、「なーんだ、かえって身体に負担をかけていたのか」ってところで、それ以降は泊まり前はゴロゴロするパターンにしたところ、やはり「デブ」というしっぺ返しを喰らってしまいました。体重にして1kg程度の増加ですが体脂肪率は3ポイントほど上がっているので(平均すると18%から21%になった)、自覚的にはかなりの危機感があります。先日受信した健康診断で血糖値の目安となるHbA1c(JDS基準)は6.4%でした。優・良・可・不可で分けるとギリギリ「良」に分類されますが、これは服用している薬のおかげでもあり、「これ以上太っている場合ではない」というところです。

さて、どうするか。泊まり以外の勤務では会社に12時間は拘束されるため、出社前や夜に泳ぐような気力・体力は残っていない。「せめても」と励行しているのが通勤ウォークです。3駅分、2900メートル、3400歩、29分間の道のりですが、こちらでの悩みは夏場の汗。6月でも背中はかなりグッショリとした状態に。幸いスーツ&ネクタイの職場ではないので、着替えの下着シャツを持参、会社に着くなり身障者トイレに飛び込んで、「ギャツビー デオドラントボディペーパー」で汗を拭き、「ギャツビー デオドラントスプレー」で身体を冷やし、「ギャツビー ウエアデオドラントスプレー」をシャツに吹き付け、下着シャツを着替えます。みんなギャツビーだなあ。濡れた下着をしまうポリ袋は100均で買ってデスクの引き出しに常備。これでなかなか手間がかかっているのです。

来週、弊社のことしの人事異動が内示されます。サラリーマン渡世に特段の希望・野望はありません。それでもひとつだけ。「毎週の泊まりだけは外してください」、今週末の福聚講仲間の関東36不動尊の巡拝でお不動さまにこういうお願いをするのはアリですかね?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。