ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「仏像ブーム」って?
「仏像ブーム」って?

興福寺の阿修羅像の展覧会に東京と九州であわせて160万人が殺到したのは去年のことでした。マスコミ的には「仏像ブーム」というくくりになっているのかと思います。特に若い女性がアート感覚で楽しむようになって、そこが商売のタネにつながったようにもお見受けする。「仏像ガール」っていうペンネームのライターさんのHPが大人気。「仏女」「寺女」なんてワードも出て、「丸の内はんにゃ会」さんは本も出版。みなさん佛教的な視点を決して忘れているわけではないようですが、やはり幅広い意味での「仏像ブーム」の一環のようにも見えるのです。こうしたノリで多くの人が佛道を再認識するのであれば、それは大変いいことなんですが、いささかの違和感も感じるわけです。

まず、仏像って「見る」ことが第一目的かな?大前提としては「拝む」ためにいらっしゃるわけで、「美術館ならウラまで見えるし、照明もうまく当てている・・・云々」っていうのは美術品としてのお話でしょう。阿修羅さまは興福寺にいらっしゃることで阿修羅さまなのであって、「展覧会」の期間中に興福寺にお参りにいった方は、寺でお参りはできない。それって本来の佛道のあり方からは大きく外れています。

意地悪にみると、こうした傾向というのは佛教に隣接する部分への嗜好と置き換えが可能なのではないかな、という心配もあります。具体的には和風小物や歌舞伎などの江戸文化への嗜好と同根であるならば、佛道は佛道である必要がなくなってしまう。

また「癒し」「スピリチュアルブーム」との境界線の問題もあります。阿修羅さまのご尊顔にうっとりとするのは結構だしそれで「癒される」方がいるのもいいが、その癒しの源泉である佛道にも気を配っていただけないだろうか、ということです。「その他の宗教やスピリチュアル系とはどこが違うのか」を意識してほしい。阿修羅さまがいらっしゃる興福寺は法相宗(ほっそうしゅう)で、そこは唯識という佛教学を学ぶ場であるということをご存じな方はどれだけいるのかな?「唯識」の内容までは仕方ないです、私もさっぱりわからないし(笑)

仏像は尊いから拝むのか。みんなが拝んできたから尊いのか。このあたりは稿を改めて書きます。

しかしこうした小言って、先覚者が後進に「けっ、おめえらにいったい何がわかってんだよ~」的臭みがプンプンしていますね。と、セルフ突っ込みをして今回はおしまいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。