ある在家仏教信者の心意気とサラリーマンな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
恐山の佛道
恐山の佛道

南直哉「恐山」を読みました。私が恐山に行ったのは中学校の修学旅行。旅程は東北を周遊するものでしたが、仏教系ではない普通の東京の私立中学校がわざわざ下北半島のあんなところまで足を伸ばすとは、今思い返してもなんとも不思議な企画だったものです。しかしこの修学旅行で断トツの思い出になっているのは十和田湖の紅葉と、やはりこの恐山。実にいい経験だったと感謝しています。

著者の南直哉さんは禅宗系の僧侶作家さん。今の人気ぶりは臨済宗の玄侑宗久さんと双璧と言えるでしょう。しかし、著作のあまりに理屈っぽい印象から、私はこれまで南さんのいい読者ではなかったのでした。宗派は曹洞宗、あの道元の永平寺で20年も修行され、今は恐山の菩提寺の住職代理ということです。南さんも書いているのですが、「只管打坐」の曹洞宗と「霊場・恐山」は、仏教界でも対極にあると言える存在。これが結びついちゃっているところが、仏教の懐の深さでもあり、悪く言えば融通無碍でいい加減なところかもしれない(この本によると、一時荒廃した恐山を復興したのが曹洞宗の僧侶だった、ということらしい)

30年以上も前に1回訪れただけの私ですが、この本で恐山は今でも多くの参拝者を集めていると知りました。理由の考察などは本書に詳しいところで簡単にまとめられませんが、多くの人が「そこへ行けば亡くなった人と会える、そして供養ができる」と信じているなら、これは途轍もなく素晴らしいこと。もちろんそこには佛道の存在が欠かせないのでしょうが、やはり恐山の魅力はそれだけではないようです。本書でも南さんが指摘します。「いずれにせよ、恐山という場所を人為的に仕切る、というのは全く無駄なことなのです。恐山の信仰というのは、集まってくる人々が作っているもので、上から教義や原理を押し付けて出来たものではないということを決して忘れてはいけません。」(119P)。こうした「想い」を受け止める役割を担っている佛道がそこにあるのです。

本書「恐山」の感想も。様々な人が救いを求めて恐山にやってくる姿を描いた第一章と最終章には惹かれましたが、ご自身の来歴をクトクドと言い訳がましく綴った第二章と、既成仏教教団への批判ばかりが印象に残ってしまう第四章が勝ってしまって、読後感は決してよろしくなかったのでした。やっぱり南さん本との相性は悪いな、私。

追記
佛道教理の勉強はすこぶる順調です。角川ソフィア文庫「仏教の思想シリーズ」は最大の難関であろう第二巻「存在の分析~アビダルマ」に入りましたが、これまでのところスルスルと染み込むように読み進んでいます。
佐々木閑先生へのラブレター
佐々木閑先生へのラブレター

「中央公論」5月号の特集は「宗教は日本を救うか」。特に面白かったのが佐々木閑氏と佐倉統氏の対談「輪廻の説と進化論」でした。佐々木さんは京都・花園大学(禅宗系)の教授で、私は名著「日々是修行」の新聞連載当時からの大ファン、このブログのタイトルもそこからパクらせていただいております。というか、ブログの存在自体がパクリなのかもしれない、それほどお慕いしております。

とにかくおっしゃることがいちいちカッコイイのですよ、佐々木氏は。「人の偉さは、一時の華々しさでなく、日々の誠実さを一ずつ積み上げていく、その確固とした道程に現われるのである。」(日々是修行84ページ)、シビレちゃいます。写真で見るお髭のお顔もダンディ、去年はNHKで原始仏教の基本的経典「ダンマパダ」の解説もされていました。

「中央公論」ではこんな発言も。「人間には、聖なる場所、空間が必要でしょう。宗教は科学と違って正否がはっきりしませんが、私は人の一生を支える杖になるものであれば、その中身がどういうものであろうと、その宗教は良い宗教だと思っています。もちろん、その人にとって、という限定が必要ですが。」「ただ、こういうことも言えます。一人の人間が生まれてから死ぬまで、一つの宗教で通さなければならないとは誰も決めていない、ということです。だから、その人の、その時の状況に応じて、支える杖になるものが変わっていくのは当たり前だと思います。」

そう、人にはそれぞれにふさわしい杖があるし、それが本人の中で変遷するのは当たり前なのかもしれません。そして、宗教に限らずカネ・出世・名誉といった世俗の"尺度"も「杖」としての役割では同一の地平にいる。どれも一概に否定できないし、ひとつだけに執着する生き方はどうにも貧しい気がするのです。この気づきを佐々木先生から教えられました。

それにしても、「日々是修行」の続編は出されないのですか、佐々木先生?

<追記>
5月に東京で開かれる佐々木先生ご出席のイベントをwebで発見、申し込みました。初めてお会いできることになりそう、ワクワクしております。
佛道学習宣言!
佛道学習宣言! 
 
先日のブログ記事をキッカケに自らの不勉強ぶりを反省、買い込んでいた佛道関連本をひっぱり出したり、新たに購入して教理の独学を始めました。ところがこれが予想していた以上に面白くてワクワクドキドキ、すっかりハマっています。かつて挫折した「入門 哲学としての仏教」も無事に読了、その後は勢いのままに「知恵と慈悲 ブッダ」「瞑想の心理学 大乗起信論の理論と実践」「思想としての仏教入門」をガンガン読み進めているのですが、似たような違うような内容なので(当たり前です)、いささかアタマがこんがらがってきました。 
 
一口に「仏教」と言っても、原始仏教、部派仏教、上座部仏教、大乗仏教、そして"最終ランナー"の密教と、その歴史・地域・思想の幅は実に広いもの。例えば、大正大学が出版している「仏教とはなにか」は「思想編」と「歴史編」の2分冊なのですが、実際に手に取って見てみると、どうも似かよった内容にも見える。つまり仏教においては「思想だけ」「歴史だけ」を切り取ることは不可能、思想の幅は歴史そのもの、歴史はイコール思想の変遷、なのです。まあこれは仏教に限らないのでしょうが、そこがまた自分には面白いところです。これをすべて1冊の本で概観しようとすればどうしても「広く、薄く」になるし、 専門でまとめたものは難解極まりないか、あるいは「信仰」の書になる。「信仰」のスタンスで書かれた本を読みたくない訳ではないのですが、 今の私はとにかく教理を勉強したいのでこちらはちょっと敬遠、幅広いものを渉猟しています。 
 
前掲「思想としての仏教入門」で著者の末木文美士氏はこのように書いています。「『仏教概論』の宇井伯寿は近代の文献実証的な仏教学を大成するとともに、深い信仰を有していた学者で、同書は近代の仏教学の成果を集大成しつつ、それがそのまま信仰されるべき仏教の姿を示すという構造になっている。(中略)同書はある意味で近代の仏教学のもっとも幸福な時代の遺産であり、そこでは研究と信仰・実践が調和し、また、地域による仏教の相違も全体として統一されるものと解釈されている。今日このような幸福な研究状況はなくなり、『仏教概論』の終わったところから現代の研究が始まっている。」おお、仏教学者さんが信仰と思想研究のスタンスのとりかたに悩む時代を迎えていることが伺えます。 
 
私の場合、学問の追求をしようという訳ではない。では、なんのための教理の勉強なのか?もちろん トリビア的に知識欲を満たす悦びもありますが、やはり原点は「こころの拠り所とする佛道に真摯に向き合うために 理解を深めたい」ということになります。「難しい教理の理解は不要。とにかく信じる心を強く持ちたい」という気持ちもありますが、そこにはどうしても知的な怠慢が見え隠れする。なにより、教理の学習には寺の境内で感じる心のやすらぎと同じものがあるのです。これだけでも十分でしょう。 
「写経」と「数独」
「写経」と「数独」

先ごろ、久しぶりに数独にハマりました。ネットでたまたま見かけた解法が秀逸なもので、ヒントをひとつ見つけるとスルスルっと解けて行く過程がなんともいえない快感です。名作ばかりを集めた本では作成者が「解き味が気に入っています」などと解説していることもあり、お遊びのパズルとはいえなかなか奥が深いと知りました。

愉しんでいるうちに別の「快感」にも目覚めました。しばらくひとつのことに集中、そして解決した時の達成感と解放感、これは仕事や日常生活のあれこれとは全く別次元の体験であるだけに、ストレスの解消につながる。「ああ、趣味の醍醐味とはまさにこれなんだなあ」としみじみ思います。「集中、没入、解放」。ん?これは何かに似ている。そう、写経のあとのスッキリ感覚に似ているのです。うーん、自分にとって写経はストレス解消?それでいいのか?これはなかなか根源的な問題でもあり、考え込んでしまいました。

しばらくハマった数独ですが、時間があまりにも無駄に潰れて行くのが怖くなり、早々にやめました。今は佛道教理の独学に励んでいて、はるかに有意義に過ごしています。そちらのお話は、またいずれ。
哲学的なアタマとは?
哲学的なアタマとは?

前回の記事を書いたことで、自らの教理の不勉強ぶりを痛感。書棚を再チェックして、とりあえず「入門 哲学としての仏教」を読み始めました。そこで驚いたこと。1回目に挫折してそのまま放置していたこの本なのですが、これまでのところスルスルと理解できるので、面白くて仕方がない。思うに、この現象はにわかに哲学的思考が身についたわけでは決してない。わからないままながら以前読んでいたことが「効いている」のでしょう。「挫折ポイント」から先の未知なる世界はどうなることやら・・・。

読書とは不思議なものです。小説などは読んでいるときにはすっかり楽しんでいるのですが、ひとたび読み終わると「面白かったなー」という感覚だけが残り、細部のほとんどは忘れてしまう。そして縁あって再読、三読する本は理解度が飛躍的に高まる。魏志に曰く「読書百篇 意自ずから通ず」。だから中年になった今では、あれこれと読み散らかすよりも、自分にとって大切だと思う本を再読するようにしようと思っています。ちなみに人生でもっとも繰り返し読んでいるのは吉川英治「宮本武蔵」で、5回は通読しているでしょう。

教理のお勉強については、今後の予定をここに記すことで決意表明とします。「バウッダ」、「大乗起信論」、角川ソフィア文庫「仏教の思想シリーズ」、中村元「龍樹」。こうしてタイトルを書き写すだけでワクワクしてきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。